骨董品を売る際に注意すべきこととは?

使う予定がない骨董品を保管しているなら

大掃除などをきっかけとして、物置や押し入れから骨董品が見つかる場合があります。そのような時は、専門の買取業者に売却しましょう。
ただし、骨董品を取り扱っている買取業者は、全国に数多く存在しています。納得できる買取を実現するためにも、慎重に買取業者を選択することが大切です。まずは、買取業者のホームページを閲覧してピックアップしましょう。骨董品を取り扱っている買取業者を重点的に調べれば、実績が豊富で、買取に定評があるところが見つかります。いくつかの買取業者をチェックしたら、査定を依頼すべきです。査定は無料ですから安心です。しかも、複数の買取業者に申し込めば、最も高額の査定額を提示したところに売却できます。

可能な限り高額で骨董品を買い取ってもらうために

骨董品の中には、高額買取が可能な種類が見受けられます。特に、海外や国内の有名な作家が手がけた骨董品は、査定の金額が高くなります。とりわけ注意が必要な骨董品は茶碗や大皿などの食器です。作家のサインが記されていますので、査定を申し込んだら高額になる傾向です。
尚、骨董品を購入した時の箱が残されていたならば、必ず添えましょう。骨董品の由来などが記入されている場合がありますので、査定の金額に好影響を与えます。保証書などがついている場合も同様です。査定の金額を左右しますので、忘れずに添付すべきです。
また、さらなる高額買取を望んでいるなら、汚れや傷には気をつけましょう。保管には気をつけて、骨董品の損傷を防ぐことがポイントです。